シェアハウスに住むにあたっての確認事項【楽しく生活するために】

住宅模型

決まりはきちんと守ろう

東京のシェアハウスでは、住むうえでいくつかのルールを決めているところが多いです。掃除当番などの当番が決められていることもあるでしょう。他の人に迷惑をかけないようにきちんと守らないといけません。

レディ

協調性を持とう

自分1人で住むわけではありませんから、他の人を気にかけたり、お互いに譲り合ったりする気持ちも大切です。自分中心で考えていては、トラブルになる可能性もあります。しかし、シェアハウスで住むうちに協調性が身に付くこともあるので、あまり心配しなくてもいいでしょう。

玩具のマンション

1人きりになりにくい

シェアハウスでは、1人の時間が取りにくいという点があります。もちろん、自分の部屋はありますが、ずっと部屋にいると心配されることもあるのです。1人の時間も必要だという人の場合は、少し窮屈に感じるかもしれません。

レディ

シェアハウスの費用

東京や大阪などの地域、生活する家の規模などによっても異なりますが、安いところだと15000円位で生活することができます。高くても30000~60000円くらいだと考えていいでしょう。

シェアハウスに関するみんなの疑問

空き部屋

どんな物件に住むの?

シェアハウス用に設計されている家で生活することもありますし、一軒家やタワーマンションで生活することもあります。

男女比はどれくらい?

男女比や年齢層はシェアハウスによって異なります。候補を絞るときにそこも確認しておくといいでしょう。住人が入れ替わると比率が変わることもあります。

人見知りでも大丈夫ですか?

最初は緊張してしまうでしょうが、生活しているうちに慣れてくるでしょう。多くの人と触れ合うことで、人見知りが直ることもあります。

シェアハウスならではのことってある?

普通の賃貸物件を借りるときと大きく違うのは、住人によって入居前の面接が行われる場合があることでしょう。また、入居できる人の条件が決められていることもあります。

イベントが多いってホント?

必ずあるわけではありませんが、住人がBBQを企画したり、海などのアウトドアに誘ってくれることがあります。もちろん自分から誘うこともできるので、イベントを計画してみるといいでしょう。

ルームシェアとの違い

シェアハウスは家をシェアするのに対し、ルームシェアは1部屋をシェアします。そのため、ルームシェアは多くても5人程度の小規模、シェアハウスは小規模~100名程度の大規模まで存在します。

自分勝手は許されない

共同生活をする以上、守らなければいけないことや気を使わなければいけないことがあります。気持ちよく生活するためにも、お互いを思いあって生活しましょう。

広告募集中